脚痩せダイエット方法 > 脚痩せに効果的なツボ(承扶・血海・三陰交)

脚痩せに効果的なツボ(承扶・血海・三陰交)

脚痩せダイエットの対象となるツボは、一つではありません。

いくつかその存在が確認されています。

第一に、承扶という名称がつけられたツボがあります。

承扶は『しょうふ』と読みます。

このツボは臀部の真下に在り、太ももやお尻を引き締める効果があるとされています。

太ももは、人間の足で最も太い部分。

同時に、足が太いかどうかの基準とされる部分でもあります。

太ももが太いと、どれだけ足首が細くても、足が太いというイメージを与えてしまうでしょう。

脚痩せをする上で、最も重点的を置きたい場所ですよね。

このツボを刺激することで、その助けとなるでしょう。

次は、血海というツボです。

血海は『けっかい』と読みます。

物騒な名称ですが、実際に血液に影響を与えるツボのようです。

場所は膝上内側です。

このツボを刺激すると、ホルモンバランスが調整され、ふくらはぎのむくみがなくなると言われています。

ふくらはぎのむくみは、どうしても脚を太く見せる要因です。

ですので、ふくらはぎのケアはやはり脚痩せには必須事項。

この血海も、非常に重要なツボの一つですね。

更に、三陰交というツボも紹介しておきます。

これは『さんいんこう』と読みます。

場所は、内くるぶしの約6cm上にあるツボで、内蔵に良いとされています。

内臓の働きがよくなれば、ホルモンの分泌が正常になり、むくみも解消されますので、脚痩せの効果が期待できるでしょう。

これらのツボは、圧してすぐ効果が出るわけではありません。

毎日のマッサージの中で、積極的に刺激する事で効果が徐々に出てくるでしょう。