脚痩せダイエット方法 > むくみの原因と予防

むくみの原因と予防

脚痩せを試みる上で、食事はやはり重要な要素となってきます。

食事によって摂取する栄養素によって、人間の体はできあがります。

つまり、その栄養素しだいでどのような体型にもなるということです。

ただ、脚痩せを行う場合は、むくみを防ぐという大原則があります。

むくみというのは、血液中の水分が血管などの外ににじみ出て、体内の水分が増え、皮下に溜まってしまう現象です。

普段何気なく「脚がむくんだ」「顔がむくんでいる」と言いますが、実際には結構怖い現象ですよね。

もっとも、十分な休息をとれば直るものなので、それほど深刻になる必要はありません。

ですが、慢性的にむくんでしまう場合は、肥満と同じく脚や顔を大きく見せてしまい、見栄えが非常に悪くなります。

特に脚はむくみが一番でやすい箇所なので、むくみをどう予防するかというのが、脚痩せの大きな課題と言えます。

では、どうすればむくみから脚を守れるのでしょう。

むくみの原因は、塩分の取りすぎや疲労などと言われています。

体が衰弱した状態の時に、むくみはよく起こる現象です。

朝起きてすぐもよくこのような状態にはなりますが、これは一時的なものですし、仕方のないことです。

しかし慢性的にむくんでいる状態は回避しなければなりません。

そのためには、塩分を控え、疲労を取り除く必要があります。

むくみの予防に良いとされるのは、じゃがいも、トマト、いんげん、きゅうりなどといった野菜です。

これらに共通しているのは、塩分を除外するカリウムが摂取できるという点です。

これらの野菜を毎日しっかりとって、睡眠を十分にとれば、むくみも自然となくなるはずです。